お役立ちコラム

コロナ禍における「オーラルケア」とは

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。

一昨年からのコロナ禍により、外出なども含めて人との接触が制限され、今まで普通だった生活習慣も大きく変わることになりました。

あるアンケート調査によると、お口の不安を抱えているにも関わらず、歯科医院への通院をためらっておられる方が47.5%になるというデータもあります。

その一方で、在宅時のちょこちょこ食べ・飲みが増えたという方もかなりおられるようで、そうなってくると、家庭内でのオーラルケアがとても大切になってきます。

オーラルケアのポイントとしましては、

  • ちょこちょこ食べ・飲みは、むし歯リスクが高まらないように、できるだけ時間を決めてする。
  • 正しいブラッシングを身につけて、汚れがしっかり取れているかを確認する。
  • 歯磨きだけでなく、歯間ブラシや歯間クリーナーなども活用して、歯と歯の間も清潔に保つ。
  • リステリンのような洗口液も活用して、お口の中全体を清潔に保つ。

というようなことが挙げられます。

まずは自身でしっかりとケアする習慣を作り、それでも違和感や症状を感じたら早めに受診することで、少ない接触で口腔内予防をすることが可能になりますよ。

  • この記事を書いた人

宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

【経歴】
平成元年 昭和大学歯学部卒業、昭和大学歯科病院補綴科勤務
平成3年  父親の跡を継ぎ宮治歯科医院継承

【所属学会】
日本歯科医師会会員、日本歯科医学会会員、昭和歯学会会員、サイエンスフロンティア高校学校歯科医、いづみ保育園園医、NPO法人ウェルビーイング会員、CHP研究会会員、メンターズクラブ会員

-お役立ちコラム

© 2022 宮治歯科医院