審美歯科

  • 歯と歯の隙間が気になるのでキレイに整えたい
  • 短期間で前歯の歯並びを治したい
  • 前に治療した銀歯を白くてきれいな歯に変えたい

こうした、歯の見た目や美しさでお悩みの方はいませんか?最近では、男女を問わず、口元の美しさを重視する方が増えてきて、審美歯科の需要が高まっています。

審美歯科とは

審美歯科とは、歯や口元の美しさに重点を置いた歯科治療です。良質な素材を使い、歯の色や形をより自然に仕上げることで、口元やお顔全体の印象をより一層引き立ててくれます。

当院が考える審美歯科

当院の審美歯科では、患者さんの抱えている歯のお悩みを解消する治療を心がけています。口を大きく開けても奥歯の治療跡が目立たないようにしたい、しっかり噛み合うようになりたいなど、治療に求めることは一人ひとり異なります。

まずは、なぜ美しくしたいのか、どのような美しさを求めているのかをしっかり伺い、患者さんのご要望を明確にした上で、それに見合った素材を提案し、患者さんにお選びいただきます。

医院側の考え方を押しつけたり決めつけたりしませんので、治療へのご要望がありましたら、遠慮なくお伝えください。

保険診療もしっかり治療します

むし歯治療で詰め物や被せ物の素材をご提案すると「自費の被せ物の方が良いんですよね?」といった質問を受けることがあります。確かに審美歯科で扱っているのは良質な素材なので、その分コストも高くなります。審美性・耐久性に優れ、汚れがつきにくいものも多く、メインテナンスを心がければ、長期にわたって安定した状態を保てます。

だからといって「自費診療がすべての患者さんに対して100%正しい選択なのか?」と問われれば、必ずしもイエスとは言えません。治療跡の大きさや場所、患者さんのライフスタイル、価値観により、保険診療で満足できることもあります。

自費診療・保険診療のいずれも、どんな素材であっても、長く持たせるためにしっかり治療をすることには変わりありません。当院では、患者さんが求めている美しさや噛み合わせなどを満たすための1つの手段として、お悩みを解決できる素材をご提案しています。

当院の審美歯科

審美性・耐久性の高い素材を取り揃えています。それぞれにメリット・デメリットがあり、適合する歯や部位などがありますが、基本となる治療そのものはどの素材を使用しても変わりがありません。当院では、各素材の特徴をお伝えしますので、違いをよく知った上で、歯の状態やニーズに合わせ、患者さんご自身でお選びください。

オールセラミック

セラミック素材の人工歯です。自然な白さとツヤがあり、天然の歯と変わりのない美しさで、経年変化による変色もありません。また、人工歯の表面に汚れがつきにくいので、長持ちする優れた素材と言えます。

金属を一切使用していませんので、歯ぐきの変色もなく、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。周囲の歯や噛み合う歯を傷める可能性は低いですが、強い力が加わると欠けたり折れたりすることがあります。

メタルボンド

金属冠の上からセラミックを覆って焼きしめた人工歯(差し歯・被せ物)です。金属を使用しているので強度に優れ、表面からは一切金属が見えないので自然な白さと美しさがあります。オールセラミックに比べるとコストが安く、ほとんどすべての歯に使用できます。審美性の高い素材ですが、オールセラミックに比べると色調が若干劣るため、微妙な色調整が難しいと言えます。

ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックをミックスした素材で、両方の特徴を兼ね備えています。自然な白さと柔らかさがあり、噛み合う歯や周囲の歯に与えるダメージがありません。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーのある方でも安心です。

オールセラミックに比べると、リーズナブルに白い歯にできます。ただし、純粋なセラミックに比べると色調調整が難しく、経年による変色があります。また強度が低いため、噛み合わせの状態によっては使用に適さない場合もあります。

よくある質問

審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さんが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。
治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、より綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、なるべく治療期間、回数を減らすように努力しておりますが、詳しくは診断後の判断になります。
歯を治療するにあたり、経済的負担を考慮することも大切な要素だと考えています。当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的な詰め物で」とプランニングし、最小限におさえた費用をご提示いたします。 またクレジットカードのお支払や、分割払いのデンタルローンも可能です。
歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性があります。
銀歯の詰め物を一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。
セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。 もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。
いわゆる"すきっ歯"には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。 とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。
セラミックは天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますので問題ありません。被せ物や詰め物に使用可能です。ここ最近では、お口を開けた時に見える金属をきらい、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯を求められる方が増えてきています。
セラミッククラウン・セラミックインレー・レジンなどの素材は金属製ではないため、金属アレルギーの方も安心して治療できます。当院では、患者さんがどの金属にアレルギーを持っているかを大学病院に依頼して分析し、症状やご希望に合わせた最適な素材を選択します。
オールセラミッククラウンなら、黒くなることはありません。さらに、土台を金属製ではなくファイバーコアにすることで、歯ぐきとの境目も黒くなりません。 なお、どちらも金属を使用しないため、金属アレルギー体質の方でも安心して使用できます。
歯の被せ物を外したり削った後は、仮の歯を入れます。 普段の生活には支障はありませんのでご安心ください。また、装着した仮の歯を参考に最終的な歯の形態をご相談しながら決定します。

© 2021 宮治歯科医院