【経歴】
平成元年 昭和大学歯学部卒業、昭和大学歯科病院補綴科勤務
平成3年  父親の跡を継ぎ宮治歯科医院継承

【所属学会】
日本歯科医師会会員、日本歯科医学会会員、昭和歯学会会員、サイエンスフロンティア高校学校歯科医、いづみ保育園園医、NPO法人ウェルビーイング会員、CHP研究会会員、メンターズクラブ会員

no image

ゴールデンウィーク中の休診日のお知らせ

いつも宮治歯科医院にご来院いただき、ありがとうございます。 ゴールデンウィーク中の宮治歯科医院の診療日をお知らせいたします。 4月28日(木) 休診 4月29日(金) 休診 4月30日(土) 診療 5 ...

歯ブラシは予防の大事なパートナー

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 みなさん、毎日歯みがきはされていると思いますが、正しい歯みがきの仕方、正しい歯ブラシの使い方を意識したことはありますか? せっかく毎日やっていることなの ...

要介護につながる低栄養に要注意

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 年齢が高くなって、心身の生活の変化により食への関心が薄れ、食生活が単調になったり、食事の量や回数が減ってくると、健康な体を維持し、日常生活を送るための必 ...

50代から始めるお口のケア

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 30代、40代から意識してお口の健康を維持していないと、50代になってから、急に様々なお口の悩みが出てきます。 歯の治療ができていなくて、人前で歯を見せ ...

40代から始めるお口のケア

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 普段、自覚症状もなく、忙しく時間に追われて生活をしていると、歯のことは優先順位でかなり低くなっていると思います。 特に40代で長い間歯医者に行っていない ...

30代から始めるお口のケア

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 意外と知られていないですが、40代以降にお口の健康が維持できるかどうかは、30代が大きなターニングポイントになります。 30代の頃から歯に対して高い意識 ...

コロナ禍における「オーラルケア」とは

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 一昨年からのコロナ禍により、外出なども含めて人との接触が制限され、今まで普通だった生活習慣も大きく変わることになりました。 あるアンケート調査によると、 ...

市販の飲み物に気をつけよう

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 私たちがコンビニエンスストアや自動販売機で手軽に購入している飲み物には、多くの糖質が含まれているものがあります。 例えば、スポーツドリンクなどは、一見、 ...

生涯にわたって自分の歯を守るための4つの習慣

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 むし歯や歯周病の予防には、口の中の歯垢(プラーク)を減らす(コントロールする)必要があります。そのために大切なのは、次の4つの生活習慣を日常生活で実践し ...

口臭についての基礎知識②

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。 前回、口臭にはどんな種類があるかや、口臭の原因についてお伝えいたしました。 今回は、その中でも病的口臭の原因でもある歯周病との関係性や、ケアの方法をお伝 ...

© 2022 宮治歯科医院