お役立ちコラム

30代から始めるお口のケア

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。

意外と知られていないですが、40代以降にお口の健康が維持できるかどうかは、30代が大きなターニングポイントになります。

30代の頃から歯に対して高い意識を持ち、定期的な検診を行うことで、40代以降の歯のリスクを大幅に抑えることが可能になります。

日本人は20代後半から30代前半にかけて、歯周病になる人が大幅に増えると言われています。

「でも、知り合いの30代の人で、歯周病になったという人はあまり聞かないけどな」

と思う方もおられるかもしれませんが、基本的に歯周病は痛みがない病気なので、初期の頃には気づかないケースが多くみられます。そして、痛みが出てくる頃には手遅れになっているケースが多いです。

30代は仕事もプライベートも含め、昇進、転職、結婚、出産など生活に変化が出たり、とても忙しい時期です。

また、その生活の変化から強いストレスを感じ、生活習慣が乱れることもあります。

「歯のことに時間を使っている場合じゃないよ」

というのが本音かもしれませんが、だからこそ、40代以降への投資だと思って、お口のケアに対する意識を上げていきましょう。40代以降の充実した生活の基盤になりますよ。

  • この記事を書いた人

宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

【経歴】
平成元年 昭和大学歯学部卒業、昭和大学歯科病院補綴科勤務
平成3年  父親の跡を継ぎ宮治歯科医院継承

【所属学会】
日本歯科医師会会員、日本歯科医学会会員、昭和歯学会会員、サイエンスフロンティア高校学校歯科医、いづみ保育園園医、NPO法人ウェルビーイング会員、CHP研究会会員、メンターズクラブ会員

-お役立ちコラム

© 2022 宮治歯科医院