お役立ちコラム

噛めることの大切さに気づいていますか?

横浜市鶴見区の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。

普段、健康な人は「噛む」ということをあまり意識しないかもしれません。

健康な人にとっては、ものを噛めるのは当たり前のことですからね。

ただ、もし、急にものが噛めなくなってしまったら・・・。

そう考えると、ちょっと怖くないですか?

今回は、あらためて「噛めること」の大切さについてお伝えいたします。

食事などで、しっかり噛んで食べられるということは、

  • 食べ物をおいしく味わえる
  • 噛むことによって分泌される唾液が消化を助ける
  • いろんな食品を食べることで、必要な栄養素がバランスよく取れる
  • 唾液がお口の中をきれいにするため、虫歯や歯周病の予防につながる

というメリットもありますし、噛むという運動をすることによって、

  • 脳が活性化する
  • 発音が良くなる
  • 表情がいきいきする

というメリットにもつながります。

おいしい食事がいつまでもできて、栄養もしっかり取れて、笑顔で会話ができると、健康寿命もさらに伸びそうですね。

いつまでも当たり前に「噛める」日常を作っていきましょう。

  • この記事を書いた人

宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

【経歴】
平成元年 昭和大学歯学部卒業、昭和大学歯科病院補綴科勤務
平成3年  父親の跡を継ぎ宮治歯科医院継承

【所属学会】
日本歯科医師会会員、日本歯科医学会会員、昭和歯学会会員、サイエンスフロンティア高校学校歯科医、いづみ保育園園医、NPO法人ウェルビーイング会員、CHP研究会会員、メンターズクラブ会員

-お役立ちコラム

© 2021 宮治歯科医院