お役立ちコラム

歯の健康が生涯医療費を安くする

神奈川県鶴見の宮治歯科医院、院長宮治俊朗です。

一生のうちにかかる医療費っていくらぐらいだと思いますか?

厚生労働省の推計によると、一人あたり約2400万円となっています。
特に、年齢が高くなるほど医療費は高くなり、70歳以降にかかる医療費が、生涯医療費の50%になると言われています。

その生涯医療費が、歯のメンテナンスをやっているかどうかで大きく変わってくることはご存知ですか?

トヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市)と豊田加茂歯科医師会の共同調査によりますと、歯石除去など予防を目的に定期的に受診した人602人を対象に総医療費を調べた結果、それまでにかかった総医療費は48歳で定期メンテナンスをやっていない人と同額になり、65歳になる頃には、定期メンテナンスをやっている人は、定期メンテナンスをやっていない人と比べ、年間の医療費が15万円も安くなるという結果が出ました。

なぜこういうことが起こるかというとについて、トヨタ関連部品健康保険組合は、次のように結論付けています。

「歯が悪いと食事が偏ったり、歯並びが悪くなったりする。それが糖尿病や肩凝り、骨粗しょう症を招き、体全体の健康に影響する」

つまり、歯の不健康によって、他の病気にかかる費用が増えてしまっているということです。

歯の健康を維持することで、病気にかかったり不愉快な思いを回避できるだけでなく、経済的にも豊かな生活を送ることにつながるということですね。

  • この記事を書いた人

宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

【経歴】
平成元年 昭和大学歯学部卒業、昭和大学歯科病院補綴科勤務
平成3年  父親の跡を継ぎ宮治歯科医院継承

【所属学会】
日本歯科医師会会員、日本歯科医学会会員、昭和歯学会会員、サイエンスフロンティア高校学校歯科医、いづみ保育園園医、NPO法人ウェルビーイング会員、CHP研究会会員、メンターズクラブ会員

-お役立ちコラム

© 2021 宮治歯科医院