お役立ちコラム

歯ブラシや歯みがき剤だけでは落とし切れないガンコな汚れを定期検診でピカピカに。

毎日歯磨きをしているから歯の汚れはない、そう思われている方は多いのではないでしょうか。
もちろん、食後の歯磨きによって大半の歯の汚れは落とされますが、ご自身によるブラッシングだけでは除去されない強力な汚れが蓄積し、むし歯や歯周病になるというのは珍しいお話ではありません。

では、この強力な汚れとはどんなものでしょうか。
それは、バイオフィルムとも呼ばれる「歯垢(しこう)」のことです。一度は耳にしたことがある言葉だと思いますが、毎日、歯みがきをしてもむし歯や歯周病になるのは、この歯垢が歯ブラシや歯みがき剤だけでは落とし切れないとてもガンコな汚れだからなのです。

歯にこびりつく歯垢は、ご家庭のキッチンにある三角コーナーの「ヌメヌメ」のイメージですね。
毎日生ごみを捨てても、日が経過するとヌメヌメしてくるのと同じように、歯も毎日歯みがきをしても、落としきれないヌメヌメが歯にこびりつき、やがて歯石となって固まってしまうのです。

そこで必要になってくるのが、ご自身による歯みがきの習慣と、「PMTC」と呼ばれるプロによる機械を用いた歯のクリーニングの二人三脚です!
キッチンの三角コーナーのヌメヌメを強力な洗浄剤で除去するのと同じように、歯の表面にこびりついた歯垢のバリアも、プロの手と専用の機械でピカピカにしてあげましょう。

歯に付着した汚れを少しでも軽いうちに日々の歯みがきで除去し、さらに、PMTCで歯ブラシでは落とし切れないガンコな汚れを除去していく、この2つのサイクルがむし歯や歯周病予防にはとても重要なのです。

また、歯垢は、一度綺麗に除去しても12週間くらいの期間でふたたび歯の表面にこびりついてきます。PMTCを定期的に受けていただくことをお勧めしているのは、この歯垢が蓄積し歯の表面にこびりつく前に除去するためなのです。

むし歯や歯周病の治療を終えた後は、ぜひ、定期検診を受けていただき、ご家庭と歯科医院の二人三脚で、歯の健康を守っていきましょう。

当医院の定期検診では、むし歯や歯周病の検診、PMTC、歯ぐきマッサージ、ブラッシング指導等を行っております。治療済みの歯の状態も定期検診の際に確認をさせていただきますので、ご安心くださいね。

  • この記事を書いた人

宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

【経歴】
平成元年 昭和大学歯学部卒業、昭和大学歯科病院補綴科勤務
平成3年  父親の跡を継ぎ宮治歯科医院継承

【所属学会】
日本歯科医師会会員、日本歯科医学会会員、昭和歯学会会員、サイエンスフロンティア高校学校歯科医、いづみ保育園園医、NPO法人ウェルビーイング会員、CHP研究会会員、メンターズクラブ会員

-お役立ちコラム

© 2021 宮治歯科医院