お役立ちコラム

入れ歯とブリッジとインプラントの違い(メリット・デメリット)

歯を失ったとき、治療方法にはインプラント・入れ歯・ブリッジの3つがあります。いずれの治療もメリット・デメリットがありますので、それぞれの特徴をよく理解した上で治療方法を選択する必要があります。

当院では、患者さんのご要望に応じて治療方法をご提案しています。基本的には、できるだけ健康な歯を削ったりダメージを与えたりする治療は避けたいと考えております。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

治療法
入れ歯

ブリッジ

インプラント
治療内容 残った歯に金具と針金をかけて固定させる、取り外しのできる人工歯 両隣の歯を削って土台を作り、そこに橋を渡すように連結した人工歯を被せる方法 あごの骨の中に人工歯根(根っこ)を稙立して、その上から人工歯を被せる方法
メリット 短期間で製作でき、歯を削ることが比較的少なくて済む 安定感があり、しっかり噛むことができる ・周囲の歯を削る必要がない
・根から回復させるので安定感があり、しっかり食べ物を噛める
・違和感がない
・ほかの歯に負担がかからない
デメリット 装着時の違和感があり、ズレやガタツキが多くて噛みにくい ・両隣の歯を大きく削るので、歯が痛みやすくなる
・噛み合わせたときに両隣の歯に大きな負担がかかる
・手術を必要とするため治療期間が長くなる
・健康保険が適用できないため、治療費が高額になる
  • この記事を書いた人
宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

【経歴】
平成元年 昭和大学歯学部卒業、昭和大学歯科病院補綴科勤務
平成3年  父親の跡を継ぎ宮治歯科医院継承

【所属学会】
日本歯科医師会会員、日本歯科医学会会員、昭和歯学会会員、サイエンスフロンティア高校学校歯科医、いづみ保育園園医、NPO法人ウェルビーイング会員、CHP研究会会員、メンターズクラブ会員

-お役立ちコラム

© 2021 宮治歯科医院