お役立ちコラム

8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動ってなに?

「8020」の部分は、「ハチ・マル・二イ・マル」と読みます。
この読み方で、「どこかで聞いたことあるな」と思われる方も多いのではないでしょうか。

この「8020運動」は、平成元年に厚生省(当時)と日本歯科医師会が提唱して開始された「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動のことを言います。「8020」のうち、「80」は男女の平均的な寿命のことで、「20」は「自分の歯で食べられる」ために必要な歯の数を意味しているんですよ。

さて、80歳になっても自分の歯を20本残すということは、どういうことを意味するのかお分かりになりますか?自分はまだまだ若いから関係ないと思っていませんか?

自分の歯を20本残すということは、虫歯や歯周病などで歯を失わないようにするということです。虫歯予防と歯周病予防をしっかりと行い、自分の歯で食べるために必要な歯の本数を残すことで、食事を楽しむことができ、生活の質(QOL)も維持していくことができるのです。

では、20本の歯を残していくためには、どうしたらよいのでしょう。
歯を失わないようにと、高齢になってから歯の健康を考えるのでは遅いですね。小児期からの対策を充実させることがとても大切です。

虫歯予防法としては、日々の歯みがきはもちろんのこと、フッ素塗布やシーラントが有効です。
歯周病対策では、ご自身で行うセルフケアに加えて、専門家によるプロフェッショナルケアがお勧めです。プロフェッショナルケアでは、セルフケアでは取り除くことが困難な歯垢や歯石を除去することができます。

何れも、歯科医師や歯科衛生士と二人三脚で、生涯の歯の健康を守っていくことが必要になります。
さっそく今日から、8020運動を始めてみましょう!

  • この記事を書いた人
宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

宮治歯科医院 院長 宮治俊朗

【経歴】
平成元年 昭和大学歯学部卒業、昭和大学歯科病院補綴科勤務
平成3年  父親の跡を継ぎ宮治歯科医院継承

【所属学会】
日本歯科医師会会員、日本歯科医学会会員、昭和歯学会会員、サイエンスフロンティア高校学校歯科医、いづみ保育園園医、NPO法人ウェルビーイング会員、CHP研究会会員、メンターズクラブ会員

-お役立ちコラム

© 2021 宮治歯科医院