妊娠中の歯周病に要注意!

妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、唾液の分泌量が減ってさまざまなトラブルを引き起こします。お口の中は酸性に傾いて汚れが落ちにくくなり、細菌に感染しやすくなります。妊娠するとむし歯や歯肉炎、歯周病が増えるのはそのためです。

また女性ホルモンの中には、歯周病菌を増やす働きがあるものや、炎症を刺激する性質を持つものがあります。特に妊娠後期になると、こうしたホルモンの分泌が月経時の10~30倍に達するため、歯周病になりやすいとされています。

妊婦さんの歯周病は、胎児にも悪い影響を与えます。お口の中の細菌が血液を介して胎盤に直接作用し、低体重児出産や早産のリスクが高まるというのです。

妊娠していても、口腔ケアをしっかり行えば、むし歯や歯周病を防げます。生まれてくる赤ちゃんのためにも、毎日の歯磨きとメインテナンスの習慣を身につけましょう。

お母さんと胎児の歯の健康をサポート

横浜市では、妊婦のための「横浜市妊婦歯科健康診査」を実施しています。受診できるのは横浜市に在住する妊婦で、妊娠期間中に無料(1回)で受診できます。横浜市の各区に指定医療機関があります。妊娠したら、自宅付近の歯科医院に相談しましょう。

<横浜市妊婦歯科健康診査>

受診対象者 横浜市内に住民登録のある妊婦の方
受診回数 妊娠期間中に1回(無料)
受診券の交付 「妊婦歯科健診受診券」は母子健康手帳と一緒にお渡しする「健診券綴り」の中に入っています
健診費用 無料
受診医療機関 市内の「妊婦歯科健診実施医療機関(指定)」で健診が受けられます

※参考

横浜市役所(鶴見区)

http://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/

ヨコハマはぴねすぽっと

http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/katei/ninpushika/

© 2021 宮治歯科医院